忍者ブログ

日外アソシエーツの出版物で、雑誌や新聞に掲載された書評や、著編者による自著紹介を記したブログです。

   
「企業不祥事事典」紹介(出版ニュース8月中旬号)

20615.jpg 「企業不祥事事典―ケーススタディ150
 齋藤憲監修 2007年7月刊
 定価5,800円(本体5,524円)
 A5・500頁 ISBN978-4-8169-2061-5
 案内サイト:
 http://www.nichigai.co.jp/sales/company_scandal.html

 贈収賄、架空取引、異物混入、不正入札、顧客情報流出…企業不祥事は後を絶たない。日外選書Fontanaとして刊行された『企業不祥事事典―ケーススタディ150』(A5判・498頁・5224円+税)は、戦後から07年1月までの企業の不祥事をとりあげ、変革を迫られる日本的経営システムの問題点を明らかにしたものである。
 企業不祥事150件を、ガバナンス―経営者関与、ガバナンス―従業員関与、製造物責任、日本型企業風土、報道機関の使命欠如、の五つに分類して掲載。
 ガバナンス―経営者関与なら昭和重工事件(48年)、造船疑獄事件(54年)、チッソ事件(56年)、丸紅ロッキード事件(76年)から最近のライブドア証券取引法違反事件、村上ファンドインサイダー事件、日興コーディアルグループ不正会計処理問題まで46のケース。そのうち37件は90年以降の不祥事が占める。
 それぞれのケースは、事件の背景、発端、経緯、経過、企業の対応、警察・検察の動き、裁判までを詳細に記述。
 また関連の新聞、雑誌記事や書籍、それにwebサイトなどの参考文献も記載される。
 「報道機関の使命欠如」のケーススタディは、朝日新聞珊瑚事件(89年)、TBSオウムビデオ事件(同)、日本テレビ視聴率買収事件(03年)、NHKチーフプロデューサー番組製作費詐欺事件(04年)、NHK番組改編事件(同)、「週刊朝日」武富士からの編集協力費受け取り事件(05年)、日本経済新聞社インサイダー取引事件(06年)など。
 企業の危機を回避するための手引きとして活用できる一冊である。

出版ニュース 2007.8中旬号 p.11~12〔情報区〕より転載
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
 辞書・事典・目録・書誌・索引など、参考図書を中心に出版活動を行っている日外アソシエーツのブログです。
 ここでは雑誌や新聞に掲載された書評や、著編者による自著紹介をご紹介します。転載にあたっては、個別に許諾を得ております。選書やご購入の参考にどうぞ。
 また、読後の感想など、各タイトルごとにコメントをよろしくお願いします。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  -- 日外ブックレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]