忍者ブログ

日外アソシエーツの出版物で、雑誌や新聞に掲載された書評や、著編者による自著紹介を記したブログです。

   
澤井繁男氏、自著を語る
からだ、不可解なり 『からだ、不可解なり─透析・腎臓移植に生かされて
 澤井繁男著 2007年6月刊
 定価1,980円(本体1,886円)
 四六判・230頁 ISBN978-4-8169-2054-7
 「からだ、不可解なり」案内サイト:
 http://www.nichigai.co.jp/sales/karada.html 

 自分のからだについてはわからないことばかり、というのが正直なところです。からだも、心体とかいて、自分で勝手に納得していたころから、「からだ」と平仮名で書いてやっと落ち着きをえる時期までずいぶんと日数がかかりました。この本は、身体障害者となった自分が自身の肉体を見つめて、日々思ったことを伝記風にまとめたものです。どうしても観念的になりがちな自分の悪癖を直しながら、僕の歩んできた道を出来る限り平明にかいたものです。

 山折哲雄先生との対談のおかげで、少しでも難しい話がわかりやすくなっているとおもいます。対談の名手相手に悪戦苦闘のかんもありましたが、お話をしているうちに見えてくるものもあって、話に実がはいりました。この対談の2日後に、腹膜炎を起こして僕は入院してしまったので、実質、腹膜透析について語った最後のときに相当します。その意味でも大変意義深い対談でした。

 医療批判の章については、すべて、このとおりです。京都大学医学部付属病院が批判の矢面に立っているかんがして恐縮ですが、関西では最大手の病院であるので、これは我慢してもらいました。
 富岡幸一郎氏の解説も多少、照れくさくなるような文面ですが、僕にとってはありがたいものです。氏の視線は確かで、敬服に値します。

 以上、簡単ですが本書について語ってみました。どうぞ、ご関心のある章からお読みください。どこからでも読み進められますから。 <澤井繁男>

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
日外アソシエーツ株式会社
性別:
非公開
自己紹介:
 辞書・事典・目録・書誌・索引など、参考図書を中心に出版活動を行っている日外アソシエーツのブログです。
 ここでは雑誌や新聞に掲載された書評や、著編者による自著紹介をご紹介します。転載にあたっては、個別に許諾を得ております。選書やご購入の参考にどうぞ。
 また、読後の感想など、各タイトルごとにコメントをよろしくお願いします。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©  -- 日外ブックレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]